ブライダルローンは金利の安いところで!後々の生活が大変なことに。

不景気のせいか、年々増えるはずの給料は右肩下がり。
ボーナスがまだ出ているからそれでまかなえているけど、月々だけで考えると、赤字続きなのです。

それなのに減らない支出。それどころか余計な支出がちらほらとあり、どんだけ家計をやりくりしても、なかなかマイナスは減っていきません。

今一番の支出はなんと言っても夫のお金使いです。
夫には毎月3万円のお小遣いを渡しています。正直に言って減らしてほしいけど、結婚当初からこの金額なので、なかなか減らすとも言いづらく。
まあこれでお昼ご飯も出してもらっているので、そこを削ったら酷かなと思ってしまっています。

だけど!夫は月に何度か、会社の同僚や、仕事上お付き合い先の人と飲みにいきます。
お小遣いで出している分もありますが、やはりそれだけではまかなえず、お金をせびってくるのです。
「そんなお金ないから行かなきゃいいじゃない!」って言っても、「付き合いさえしなくなったら、仕事で干されてしまう。こういう付き合いしているから、こんな厳しい世の中でも仕事がもらえるんだ」って偉そうに返されます。
人間関係構築のために確かにお付き合いが大事なことは分かりますが、それで赤字になっているんじゃ、そもそもこの仕事をしていることが間違っているんじゃないの?

あまりにひどい時があって、ついに私も爆発。飲みから帰ってきた夫を座らせて、今の家計の現状を一つ一つ見せてやりました。
住宅ローンから食費やら光熱費やら子供の幼稚園代など、どれだけ出費がかかって、毎月どれだけ赤字を計上しているのか。
先月は住宅ローンまでお金がまわらず、ついに主婦でも審査の通る銀行のカードローンでキャッシングをしたことも!

真実の数字を目の当たり視して、はじめは鬱陶しそうに聞いていた夫も、目が覚めたのか、どれが削れるとか、ここがかなり出費が高いとか真剣に考え始めました。
今まで真剣に家計について話し合ったことがなかったので、本当にこれが初めてのことです。

その上で、飲み会代がどれだけ赤字を増やしているのか、夫はやっと理解が出来たようでした。
夫ばかりを責める言い方はやめて、仕事頑張ってくれているのは分かっているし、お付き合いが大事なのも分かっている。
だけど本当にお金足りていないから、もう少し考えてほしいと夫を立てるようにして、お願いしました。

それ以来、夫は目が覚めて、飲み会も自粛するようになり、行ってもあまりお金を遣わないように気をつけてくれています。
お金のことは大事なことなので、一人で悩まず、きちんと夫に話さなければいけないなって思いました。

私たち夫婦は付き合っている時からお金がなく、結婚式もおかねを借りてどうにかなりましたね。いつローンの支払いが終わるのやら・・・(笑)結婚式のためにお金を借りるなら、金利の安いブライダルローンにしないと大変ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です